Iターンを希望する方々

Iターンという言葉が流行りだしてから、既にどのくらいの期間が経っているのでしょうか。

かつてこの言葉が結構話題になっていた頃がありましたが、現在におきましてもIターン希望される方が多くいらっしゃるという事実があります。

もしかしたらみなさんの周りにもIターンをされたような方がいらっしゃるかも知れません。

通常Iターンと言えば、都会から田舎に向けてということが考えられていることです。

都会と言いますと東京や大阪、そして名古屋辺りが思いつくことでしょう。

そのような大都会からでしたら、通常日本各地どこでもIターンができるということになるでしょう。

そのような所から広島に来られて、そのままその地で正社員として生活を続けていかれる方もいらっしゃいますが、このような方は立派なIターンの実行者として考えられます。

広島に来ることは簡単なのですが、そこで正社員として就職をし、自分の生計を立てていくことはなかなか容易なことではありません。

しかし、このようなことを好んでされている方が多くいらっしゃいます。

一旦地元を離れた方でも

地元が広島県の方で小さな頃からこの地で育ち、高校を卒業すると共に他の県へといかれる方が多くいらっしゃいます。

これは広島県だけに限らず、日本全国的になされている行為でもあり、特に田舎の地域にとりましては人口の流出にも繋がることが懸念されていることでもあります。

そのように地元を出て行かれた方は、出て行った先の地で永住するかと言えば、必ずしもそうであるとは言い切れない部分もあります。

広島で正社員として働く

しばらく他の土地で過ごしている間に色々な経験をする事となりますが、正社員として就職されるような方もいらっしゃれば、特に目的が持てなくなってしまう方も多くいらっしゃいます。

特に目的を持つことができなくなった場合に、そのような方が再び地元に戻ってくるということをされたりするのですが、これがいわゆるUターン者となり、地元としましては非常に嬉しいことでもあります。

そのような方が正社員を基準としてしっかりと生活を送れる環境を整えてあげることが自治体のすべきことでもあるでしょう。


Comments are closed.